日本で好まれるカジノのタイプを探る

日本で好まれるカジノのタイプを探る

December 20, 2020 0 By Deguchi Kichibei

日本では、2018年にIR(統合型リゾート)推進法が施行されました。現時点で合法として認められている日本のギャンブルは、オートレース、競馬、競艇、競輪に限られています。しかし、すべての日本人がカジノ建設に賛成しているわけではありません。そのため、日本の社会に調和できるような理想のカジノ像を現実化することが重要になってきます。実際、カジノの経験や知識を含むデータを見てみると、カジノがかなり好意的に見られていることは注目に値するでしょう。いくつかの調査では、それらのデータが日本の一般的な成人からのものであることが分かっています。そのデータを解析したところ、カジノが成功するか否かは、立地が最も重要な要因であることも分かりました。

ギャンブルに対する抵抗する人もいる中で、日本のギャンブル産業の規模は年間15~20兆円を超えており、この金額から判断すると、日本は事実上ギャンブル産業の重要な拠点だと言えます。日本国内で大衆的なギャンブルが幅広く行われているにも関わらず、どうしてカジノ産業は支持されなかったのでしょうか。これは恐らく、一般の人々が抱くカジノの印象が影響していると考えられます。つまり、カジノの業界用語が、一般の人々が抱くカジノの印象を大きく左右しているということです。

カジノの特徴を表すもので、様々なレベルのある要因

  • 賭けの限度額:上限、下限、あるいは無制限
  • 全体の雰囲気:エンターテイメント性の高い、非凡な、あるいは豪華な雰囲気
  • 運営組織:地方自治体や海外企業、あるいは国内企業
  • 立地銀座、お台場、あるいは新宿

日本人が好むカジノにこれらの要因がどのように影響するか?

各要因について質問したところ、どの要因にも日本人の好みが明確に存在することが分かりました。賭けの限度額に関しては、様々な回答がありました。最高限度額を設ければ、安心できるカジノを一般的にアピールすることができます。上限を設けた場合には、資金がカジノの手中にあることを示唆するため、安心感が増します。このような制限があると、ゲームにおけるベット額が超過した時に送られる、警告メッセージのように、技術を利用したゲームでの賭けに対する不安が大きくなる可能性もありますが、多くの場合、人々は上限を設けたカジノに抱く安心感を好むことが分かりました。

雰囲気の要因に関しては、その内容によってカジノの印象が大きく変わるようです。日本では多くの場合、カジノでの楽しい時間には豪華な雰囲気が好まれています。エンターテイメント性の高さや非凡さよりも、豪華な雰囲気がカジノの印象に大きく影響することが分かりました。豪華な雰囲気は、特上の体験と一流のカジノという雰囲気を味わうことができる印象を与えます。

次の要因は、運営組織についてですが、人々は地方自治体よりも民間企業が運営するカジノを好んでおり、地方自治体が運営するカジノは、それ以外に選択肢がない場合の対策としてしか見られていません。そのため、自治体との共同運営という形態のカジノは、国民の間ではあまり印象がよくない結果となる可能性があります。

最後の立地に関しては、臨海部に位置しているお台場が魅力的な場所として他を大きく離して高い注目を浴びており、国民の間では、カジノの建設地として一番人気があります。お台場には豪華なイメージがあり、カジノに対するイメージも好印象のものとなるでしょう。

日本にカジノができるのを待たなくても、いつでもどこでも本場のカジノの雰囲気を味わいながらプレイが楽しめる「ベラションライブカジノ」で本格的なカジノプレイをスタート!